エアブラシの使い方♪

エアブラシ エアブラシ A値が大きくても周囲のエッジはソフトです。 A値が小さくなると周囲のエッジがさらに柔らかくなります。 A値が大きいと周囲のエッジはかなりくっきりとしています。 A値を相当落としてもエアブラシのような柔らかさはでません。 エアブラシ、A値が最大でも1pxならかなり繊細なラインが引けます。 ペンツール、A値が同じ最大ですが、エアブラシに比べると線が太くなります。 A値を少し落としただけでこんなにも薄い線ですが、根気よく描き込むとデリケートな表現ができます。 ペンツールでは0.5pxもありますが、エアブラシほどの繊細な表現は難しいです。 根気は必要ですが、エアブラシで最後の仕上げをしています。