オエビの限界♪

オエビの限界♪ こんにちわーーーv!!トマトです♪、今回は特別テーマ・・って、いうのがないんですけど、しいて言うなら、「ちっこいものクラブ」・・・です♪
どちらかというと、自己満足的なレシピですけど、オエビの限界・・って、なんだろう・??
でも、描き手が工夫すれば、どんどん可能性が広がる・・・。そんな実感がますます強くなりました♪
贅沢なソフトでなくても、こんなに楽しめる♪
そんなことにチャレンジしたレシピです。
具体的にいうなら、(推測ですけど・・)オエビでまず、アニメーションを残してどこまで描ける??
そのために、ツールはできるだけ鉛筆を使ってます。下書きや、背景など、鉛筆で可能な部分をできるだけ鉛筆にするとかなりいけるみたいです。
次ぎに、クオリティを上げるために・・・
今回のように面が広い車のボディーはいいのですけど、タイヤの内側の細かい部分とかは主線がかえってじゃまになることがあります。ですから、主線の下でいろ塗りはしますが、最終的には主線の上から調整します。
そうすることによって、オエビでもかなり細かい表現が可能になります。
今回は約1万7千くらいの描き込みでしたけど、2万ちょっとくらいまではやったことがあります。
なんとなくメルヘンチックなイラストになってしまいましたけど、とりあえず、完成です。


わたしをクリックしてね♪
トップページに戻ります。 前のページに戻ります。